弘前ねぷたまつりの日程・コースは?場所取りのおすすめはここ!

こんにちは!みおです。

東北三大夏祭りのなかで青森のねぶたまつり有名ですが、青森県では同じ時期に各地で「ねぶたまつり」や「ねぷたまつり」が開催されているのをご存知ですか?

青森市の隣に位置する弘前市では、毎年大小約80台のねぷた(山車)が出陣する「弘前ねぷたまつり」が開催されます。

青森ねぶたは人形型が多く豪華で華々しく、跳人(はねと)が乱舞して活気があって盛り上るのに対し、

弘前ねぷたは扇型が多く正面(鏡絵)には武者絵、裏面(送り絵)には美人画が描かれ、動と静を表現されています。

ゆったりとした運行でお囃子を聴きながら幽玄な美しさを楽しめるおすすめの夏祭りです。

そんな弘前ねぷたまつりの楽しみ方や地元っ子しか知らないおすすめの観覧場所や、穴場情報などをご紹介します。

目次

弘前ねぷたまつりの日程と運行コースは?毎年同じ日程で開催!

弘前ねぷたまつりは毎年8月1日~7日まで、曜日に関係なくこの日程で行われます。

運行コースも毎年同じルートを通るので、土日が運行コースになる時はとても混雑します。

運行コースと時間は

■8月1日~4日:土手町コース 

 19:00~21:00頃

 桜大通りから出発~下土手町~中土手町~土手町十文字交差点解散(弘前パークホテル前)

■8月5・6日:駅前コース  

 19:00~21:00頃

 代官町みちのく銀行前から出発~駅前~大町~上土手町(弘善商会前解散)

■8月7日:土手町なぬかびコース  

 AM10:00~

 松森町ふれあい広場交差点から出発~上土手町~中土手町~下土手町(スクランブル交差点解散)

地元っこ情報

弘前ねぷたは町内会や地元企業、ねぷた好きが集まる愛好会で参加する団体が多く、みなさん昼間はお仕事をしています。

なので、まつり期間中は7日間すべてに参加するのではなく、各団体とも3~5日程度ねぷたまつり運行に出陣します。

毎年約80台のねぷたがまつりに参加しますが、毎日全てのねぷたが観られるわけではなく、一日30~50台程度と参加する台数は曜日や運行ルートによって変わります。

8月1日と2日は参加団体が半数ずつに分けられ審査を行います。(市役所など無審査の団体を除く)

日程の余裕のある方は1日と2日を観覧すれば、全てのねぷたを観ることができます。

例年審査結果が発表になる3日は出陣する台数が多く、その他土日も参加台数が多くなります。

8月7日のなぬかびは、昼間に運行するのと平日の場合もあるため、例年参加台数が少なく夜間運行に比べ見劣りする感じがしますが、津軽の短い夏の終わりを告げる風情ある行事なのでまた違った楽しみがあります。

弘前ねぷたまつりの交通規制はどこ?何時ころから実施?

弘前市は江戸時代に津軽藩主が治め城下町として栄えた街なので、今でも町中にその名残が数多くあります。

小さな脇道に入ると袋小路のなっていたりするので、観光で来られるときは標識などをよくみて道に迷わないように気を付けてくださいね。

中土手町から下土手町へ向かう通りは一方通行なので、車でお越しの際はカーナビ等を頼りに間違わないように注意してください。

交通規制
  • 8月1~4日(土手町)  18:30~22:00頃
  • 8月5・6日(駅 前)  18:30~22:00頃
  • 8月  7日(土手町)   9:30~11:30頃

✔ 桜大通りは1~4日 

 17:30~車両通行禁止

ねぷた運行前には、ねぷたが小屋から待機場所まで集合するために移動します。

集合状況や経路などによっては交通規制やう回規制などが行われるので、警察官や交通指導隊の指示に従うようにしましょう。

弘前ねぷたまつりの場所取りおすすめはズバリここ!

弘前ねぷたまつりの観覧には、有料の観覧席が設けられ、ツアー客などの団体さんの他、個人でも利用できます。

有料観覧席はどこ?どうすれば座れるの?

弘前ねぷたは1日と2日に審査が行われます。

審査場所は桜大通りで、この向かい側に有料観覧席があります。(8月1~4日)

ということは、審査員の目の前の観覧席では特等席です!

有料観覧席ではねぷたの題材や絵師などの解説がアナウンスで流れ、お囃子や引き手のパフォーマンスもみられます。

子どもねぷたでは幼稚園や保育園の子どもたちが踊ったり、お囃子を演奏したりと可愛らしい姿がみられます。

有料観覧席
  • 椅子席(全席指定・個人のみ)
    • 料金 2,000円 (大人・こども同額)
    • りんごジュース、うちわ、ガイドひろさき付き
    • 8月1~4日 170席
    •   5・6日 130席
  • 桟敷席(人数により区画を区切る)
    • 料金 2,000円(高校生以上)、1,000円(小人)
    • りんごジュース、うちわ、ガイドひろさき付き(小人にはガイドひろさきはなし)
    • 8月1~4日 個人・団体合計400席

団体は10名以上から受付

<20018年度の場合>

観覧席のチケットは例年7月から販売されますが当日券もあるので、もし観光でねぷたの時期に弘前にお越しの際は利用してみるのもいいですね。

詳しくは、(公社)弘前観光コンベンション協会 

ねぷたまつり有料観覧席担当 TEL 0172-35-3131 までお問い合わせください。

無料で県外観光客優先席が設けられる場合も!!

なんと、2018年には下土手町にある「土手町コミュニティーセンター」前で県外観光客優先席を約100席無料で提供してくれたそうです!

こちらは事前に整理券が配られ(何時から配られたかは不明)、整理券に書かれている番号の椅子が割り当てられたようで、手ぶらで来た観光客が座って観られたそうです。

日本人のおもてなしの心が津軽でも息づいているようです。

この県外観光客優先席は、まつり開始の1時間前にはいっぱいになっていたようなので、観覧席を探すときはまつり開始の1時間ほど前には到着するようにしましょう。

地元っ子が教える場所取りする場合のおすすめは?

弘前ねぷたまつりは運行コースの車両を通行止めにして、車道で行われます。

見物客は歩道に椅子や敷物をしいて、約1時間半~2時間のお祭りを観覧ます。

大型ねぷたは車道ぎりぎりの幅で作られているため、沿道のお客さんは歩道から足を出して座るのも危険です。

ねぷたを観覧するときは、地元の人はお昼くらいから敷物をしいたりガムテープを地面に貼って区切って場所取りをする光景が見られます。

ほかにも、弘前市のメインストリートである土手町商店街や駅前商店街では、お店の前にいすを並べてお店のお客さんを優先して予約席として座らせたり、逆に「店舗前なので場所取りはご遠慮ください」と張り紙が貼られている場合もあります。

夕方5時以降には、お勤め帰りの人が次々と場所取りをしに来るので観光で観に来られる方は自分たちの座る場所は夕方5時頃までに確保できた方がいいでしょう。

コース別おすすめの観覧場所

審査場所の近くや大きな交差点付近は、電線や交通標識の看板などがないためねぷたを最大限に大きく開き、引き手(ねぷたを引く人)やお囃子のパフォーマンスも行われるので見ごたえたっぷりです。

コース別でいうと、

■1~4日土手町コース 下土手町スクランブル交差点付近、中三(百貨店)、蓬莱橋付近

■5・6日駅前コース  イトーヨーカドー並木通り交差点付近、駅前ホテルルートイン付近

土手町コースは道路幅が片道1車線(土手町は一方通行なので両側で2車線)なので、沿道の左右どちら側で見ても大差はありませんが、

駅前コースでは片側2車線で道路幅が広く、駅前から大町にかけては中央分離帯があるので、必然的にねぷたが左右に振り分けられます。

なので、駅前コースで観覧するとねぷたが沿道から少し遠くみられ、なおかつ駅前を過ぎると、半分は自分側、半分は向かい側の車道を進むのでお目当てのねぷたが間近でみられないこともあり得ます。

私のおすすめは、1~4日の土手町コースで沿道ギリギリのところを必死で練りあるくねぷたやお囃子の姿を目の前で観てほしいです。

地元っ子が教える弘前ねぷたまつり運行前の楽しみ方!

弘前ねぷたは19:00からスタートなので、観覧場所の確保を早目にしたら少し時間が空くかもしれません。

そんな時におすすめな場所を紹介します。

ねぷた運行前の待機場所

1~4日の土手町コースでは、ねぷたは弘前城外堀付近、文化センターから下白銀町、裁判所前、市役所にかけて、5・6日の駅前コースでは、弘前郵便局前から北大通り付近にかけ連日40~50台のねぷたが並びます。

夕方4時過ぎになると自分たちのねぷた小屋からこの付近まで移動して待機し、その日の出陣順が決まったら軽い宴をしながら出番を待ちます。

このねぷたが並んでる姿もとても美しいです。まだ夕暮れ前のねぷたに灯りがともる前に記念写真を撮るのもおすすめです。

出陣式とアトラクション

8月1・2日 18:00~ 

8月3・4日 18:15~

桜大通りで津軽情っぱり大太鼓の模範演技と一般客の試し打ちが出来ます!大太鼓の叩き手には陸上自衛隊員が協力しており、力強く勇ましい太鼓の音を響かせてくれます。

模範演技のあとは、一般のお客さんが参加して大太鼓を試し打ちさせてくれるます。小さいお子さんでも大人の叩き手が付いてくれますので、お時間がある方は参加してみてください。

そして、このとき弘前城ミス桜のみなさんとの記念撮影もできます。

毎年弘前城ミス桜のすてきなお姉さんたちも浴衣姿で弘前ねぷたまつりに参加しています。

各日18:50~は出陣式が行われ、19:00にまつり運行がスタートします。

マナーを守ってまつりを楽しみましょう

毎年8月1~7日に行われる弘前ねぷたまつり。例年150万人もの人出があります。

曜日に関係なく1~4日は土手町コース、5・6日は駅前コースとなっているので、出張や観光で近くにお出かけの際はぜひこの記事を参考にまつりを楽しんでくださいね。

まつりを楽しむためには観覧のマナーを守り、まつりの運行を妨げるような行為をしない、ごみ散らかさないなどみんなが気持ちよく過ごせるようにお互い気を付けて鑑賞しましょう。

皆さんが今年の弘前ねぷたまつりも心から楽しんでくれると嬉しいです。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする


上の計算式の答えを入力してください

目次
閉じる